プロフィール

simoda0124

Author:simoda0124
女性のための楽しみながらキレイになるホームページです。
是非ブックマーク登録お願いします。
 掲載されている画像や記事は、著作権その他の侵害を目的とするものではございません。不都合などのある場合は即削除しますので御手数ですがお問い合わせ下さい。
 弊ブログはリンク&アンリンクフリーです。

mail:simoda0124@excite.co.jp

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
はじめに (0)
成功ウォーキングでなりたい自分が見えてくる (13)
魔法のカラダ (4)

フリーエリア

フリーエリア

03 | 2018/04 | 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
女性のための楽しみながらキレイになるホームページです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
1日2食ではお腹がすいてたまらない
「1日二食ではお腹がすいてたまらない」
「学校で、朝食を抜-なと教わった」
「空腹時に運動などしたら倒れてしまうかも」

という人もいるかもしれませんね。心配いりません。
歩き始めて一五分から二〇分もすると、脳の中にベータエンドルフィンというホルモン物質が出てきます。
このホルモン物質が分泌されると、人は誰でもすごく気分がよくなります。
このときに感じる気分のよさを味わいたい一心でl日たりともウォーキングを休まない、という人がたくさんいます。

ウォーキングを始めて一週間ほど過ぎる頃から、レプチンというホルモン物質が分泌されるようになります。
このレプチンというのは'満腹中枢を刺激する脳内ホルモンです。
満腹中枢が刺激されると、不思議なほど空腹感がなくなります。朝食を食べずにいても空腹と感じない。食欲が抑えられるので、昼食も夕食も軽くてすむ。そんなメリットがあるのです。
さらに、カラダに蓄えられている体脂肪が燃焼しはじめると、ケトン体という化学物質が生じます。
この物質もまた、空腹感を抑えるはたらきをします。とはいっても、前日の夕食から当日の昼食まで約
一七時間の絶食状態が続くのですから、少しくらいは空腹感があって当然です。
でも、この空腹感にもメリットがあります。
まず、空腹感があると生命維持装置のはたらきが活発になり、獲物(現代でいえばお金)を捕ろうと脳が本気になります。その結果、成功スイッチがオンになりやすくなるのです
また、食べ物を消化吸収することに忙しかった腸は'やることがな-なると、今度はせっせと中のものを出そうと動きだします。
つまり、空腹感を覚えることで腸内にモチリンというホルモン物質が分泌され、腸の蠕動運動が促進されて排椎が進むのです。

早い話が、便秘が解消されるのですね。

「朝食を摂らないと元気が出ない、便も出ない」というのは、単なる自己暗示です。
私自身、朝食抜きで二時間のウォーキングをするという習慣を続けて、も
う30年以上になります。それでまったく支障はなく、かつてはお腹のまわりにあった浮き輪のような賛肉がすっかりとれたのですから、あなたも安心して実践してくださって大丈夫ですよ。
スポンサーサイト
[2012/03/28 10:24] | 魔法のカラダ | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<夢が見つからない本当の理由 | ホーム | 腸内も足腰もリセットしよう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://simoda0124.blog.fc2.com/tb.php/11-984bdbfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。